空室率とは?

借り手のいない建物空室率とは、建物全体の戸数に対する空室戸数の割合です。
賃貸アパート、賃貸マンションの他事務所ビルなどの投資指標として使われます。似た言葉で、入居稼働率というものもあり、こちらは入居している部屋、つまり収益を生み出している部屋の割合ということになります。


空室率が高い原因として、考えられるのは、●家賃が高い ●賃貸ニースがない ●嫌悪施設が周辺にある等となります。

では空室率を低下させるためにはどうすればよいのでしょうか。
●家賃の改定 ●改装 ●用途変更などの手法が考えられます。

賃貸用不動産の売買などでは、できるだけ空室を減らし満室に近い状態になると有利な条件で売却できます。