一戸建ては貸しやすい?貸しにくい?

一戸建て今回は一戸建てが貸しやすいのか貸しにくいのか?を考えてみたいと思います。

結論を先に書きましょう。
かなりの大家さんが誤解していますが、一戸建ての賃貸需要は非常に高く、貸しやすいです。

市場に出ている貸家は常に少なく、慢性的な供給不足なのです。

実際に不動産データーベースを使って調べてみました。
検索条件:東急東横線反町駅 賃マンション(アパート含む)、貸戸建て
賃貸マンション437件に対し、貸家は6件。
戸建ての賃貸物件はマンションに比べて、圧倒的に数が少ないことが分かります。

どうしてこんなに差がでるのでしょうか?

所有者を考えると見えてきます。

貸しマンション、貸しアパートの所有者の多くは、地主さんや不動産投資家です。

対して、貸し戸建てはどうでしょう。
こちらのオーナーのほとんどが、地主さん、不動産投資家以外の一般の方です。

地主さんや不動産投資家は、投資対象として貸家を選らばないのです。

理由は簡単。
「収益性が低いから」です。

土地に集合住宅を建てた場合と戸建てを建てた場合、集合住宅のほうが収益が上がるのです。

当然、収支が良い物件が増える。ということです。

ただし、一軒家の賃貸は大変です。
修繕工事費用が高額になるからです。

そもそも、集合住宅に比べて面積が広いこと、そして
外壁、屋根という外部の工事も必要ですからね。

内外装の工事費で500万円かかることも珍しくなく、高額なリフォーム代の捻出は、貸家供給が少ない要因の一つなっています。

頼れる専門家に相談で楽して安心!

空き家相談室では、高額なリフォーム代の捻出をしなくてもすむ、「そのまま借り上げ方式」という特別な賃貸方法であなたの負動産をお金を生む不動産に変えるお手伝いをしています。 お気軽にご相談下さい。

電話で任意売却相談
メールで任意売却相談